かわさき南部斎苑(神奈川県内川崎市川崎区夜光3-2-7)

かわさき南部斎苑(神奈川県内川崎市川崎区夜光3-2-7)

1.冠 
かわさき南部斎苑

 

2.所在地
神奈川県川崎市川崎区夜光3-2-7
電車川崎駅、川崎市営湯船「かわさき南部斎苑」下車スグ

 

3.テレフォン
044-277-8146

 

4.特性
かわさき南部斎苑に関しましては、川崎市が調整左右する公営の葬祭土俵です。
火葬施設が式場を意味する建物の中にある全部葬祭場とされていて、ユーザにおいて火葬土俵って式場といったをゆする厄介を欠くことだって素晴らしいところです。
葬祭土俵ことはないだろうという風な近代という風な輪郭に関しましては、外部よりの喧騒を阻止するわけを以て考案されています。
故人と対比しての最期のお別れの式事にあたるに当たる施設なのです。
三グループ、四つの式場が在り得ます。
最も幅広い所は200それぞれ収容可能だから、社葬など広範な葬儀にもお答えする例が適います。
親子葬やしょうもない人並み葬だったら50それぞれを意識した式場を基にしているという考え方が良いと思います。
決定された式場は分けて名前を使うことだって望めるから、より広い公衆のオーダーに応えることが適う施設である。

 

5.重要な経費前例(細々としたことは要立証) 
式場料金80,000円
火葬費用3,000円
※どちらとも故人の絶命というようなケースでの場所が川崎市にある案件。火葬土俵及び式場の行動は公衆ではないほうもできちゃいますが、料金が差が出るものです。
※葬儀オフィスを基にしている状況なら、葬祭土俵の行動経費と言われているものは葬儀オフィスに払う値段も別途見られます。

 

6.その他
宗教、宗派を問わず用いる例が不可能ではありません。
パーキングエリア数約200テーブル